反町ひろせ歯科クリニック

料金表

初診料

健康保険3割負担適用 およそ3,000円~5,000円
応急処置がある時 別途500円~
1,500円
唾液検査(保険適用外) 1,500円

自費診療の料金

歯原性菌血症予防処置 72,760円
追加与薬 2,000円
ペリオバスター 2,200円
POICウォーター 2,000円
3DS 62,000円
歯周内科治療 185,000円
PCR検査6菌種 23,400円
唾液検査 1,500円

審美歯科の料金表

詰めもの・被せもの

ダイレクトボンディング25,000円〜
50,000円
※大きさによって異なります。
マルチレイヤージルコニアセラミッククラウン120,000円
シングルレイヤージルコニアセラミッククラウン100,000円
フルジルコニアクラウン90,000円
オールセラミッククラウン80,000円
マルチレイヤーメタルボンドクラウン80,000円
シングルレイヤーメタルボンドクラウン50,000円
ジルコニアセラミックインレー70,000円
フルジルコニアインレー60,000円
オールセラミックインレー50,000円
ゴールドインレー50,000円
ファイバーコア15,000円

ホワイトニング

デュアルホワイトニング30,000円
オフィスホワイトニング20,000円
ホームホワイトニング15,000円

インプラントの料金表

前歯部のインプラント

CT撮影および診断料
(診断のみの価格。 処置時は処置料金含みます)
15,000円
インプラント埋入手術
上部構造費用

250,000円
200,000円
総額
CT撮影(術前、術後)、診断料、インプラント埋入、カスタムアバットメント
450,000円

臼歯部のインプラント

CT撮影および診断料
(診断のみの価格。 処置時は処置料金含みます)
15,000円
インプラント埋入手術
上部構造費用

250,000円
150,000円
総額
CT撮影(術前、術後)、診断料、インプラント埋入、カスタムアバットメント
400,000円

インプラント追加オペ費用

GBR 骨造成(1歯あたり)
追加分1歯につき
50,000円
30,000円
サイナスリフト 側方アプローチ(片顎) 150,000円
ソケットリフト(1歯あたり)
追加1歯につき
300,000円
20,000円

マウスピースの料金表

スポーツマウスピース15,000円
歯ぎしり用マウスピース保険適用

美容歯科・矯正歯科の料金表

スマイルトゥルー

診査5,000円
診断・設計・治療計画 マウスピース1枚:15,000円
マウスピース再製作:10,000円
調整2,000円
エクストリュージョン50,000円

入れ歯

スマイルデンチャー150,000円〜
250,000円
チタン床義歯300,000円
コバルト床義歯250,000円

※ 上記金額は全て税抜き価格となります。

医療控除とは?

医療費控除は1 年間に医療機関に支払った医療費が10 万円以上だった場合にその医療費が税金の 還付対象になる制度です。(上限は200 万円/ 年収によっては10 万円以下でも対象になります)

この制度を利用すると高額になってしまった年の医療費の負担を軽くすることができます。さらに医療費控除では本人だけでなく家族のために支払った医療費も控除の対象となります。

以下に当てはまる場合、医療費控除の対象となります。

控除POINT 1

(1) 納税者が本人または自分と生計をーにする配偶者やその他の親族のために支払った
医療費であること
(2) その年の1 月1 日から12 月31 日までに支払った医療費であること
(3) 10 万円以上の医療費であること

控除POINT 2

医療費の控除金額の詳細について
控除額は所得税率が高いほど高くなります。つまり高額所得者ほど、医療費控除で還ってくる金額が多くなります。

実際にはどのくらい還付されるのでしょう。
下記に医療費控除の簡易計算シミュレーションを設置してますので、お試しください。
課税所得が高いほど還付金額の割合も高く、実質の医療費が割安となっているのがおわかりいただけます。

医療費控除還付金簡易
計算シミュレーション

所得200万円以上の場合

※医療費控除額 = 【医療費負担額】 − 【保険金等で補てんされる金額】 − 10万円

医療費負担額(円)
保険金等で
補てんされる金額(円)
所得200万円未満の場合

※医療費控除額 = 【医療費負担額】 − 【保険金等で補てんされる金額】 − 年間所得の5%

医療費負担額(円)
保険金等で
補てんされる金額(円)
年間所得(円)

医療控除を受けるには?

医療費控除を受けるためには確定申告が必要です。
年末調整を会社で、行っているサラリーマンも、 確定申告をしなければなりません。また自営業の方は通常の確定申告と一緒に申告をすることになります。確定申告に必要な書類は以下の通り。書類を揃えて地域の税務署や申告会場へ行きましょう。

控除POINT 4

(1) 治療費の領収書
(2) 税務署でもらう書類
(申告書、医療費の明細)
(3) 医療保険などで補填された金額が示されていて判別できるもの
(4) 給与所得者の場合には、還付申告をする年分の源泉徴収票
(5) 認印、還付金を受け取る口座番号(本人名義のもの)

医療費控除を利用して、健康でより素晴らしい人生の為に自費治療をご検討ください。

TOP