反町ひろせ歯科クリニック

予防歯科

当院の予防歯科

当院の予防歯科

歯を失うと美も健康も楽しみも失われる可能性が上がります。歯は、定期的にクリーニングをうけることで、守れる可能性が格段にあがるということがわかっています。

当院は皆様の歯を全力をかけてお守りしたいと思っていますので、予防歯科こそが、皆様に受けて頂きたい一番の治療だと考えています。お掃除をする歯科衛生士は同じ人がずっと担当してしっかりと、お口の環境を維持できるように、寄り添っていければと思っています。

虫歯を予防するには

虫歯は、ミュータンス菌などの菌が感染した感染症ですので、細菌をしっかり除菌することで、予防できます。

予防歯科をオススメする人

自分の歯でおいしく食べたい、糖尿病、高血圧、認知症等の歯周病関連病になりたくない全ての方にお勧めしてます。

虫歯を予防するには
「歯石とは?」

歯石とは、バイオフィルムが石灰化したもので、歯に定着して、毒素をまきちらす原因になる物です。

「バイオフィルムとは?」

バイオフィルムとは 歯の表面や歯と歯肉の間などに汚れがたまると、それを栄養にして細菌のかたまり群が付着します。これが、細菌バイオフィルムです。多種多様の細菌が複雑にからみあって強力にくっつき、しかも細菌が分泌する多糖体(ネバネバしたもの)にられているので、なかなか取り除くことができません。

歯茎(歯周ポケット)の検査の概要について

歯と歯茎の間には歯周ポケットという溝があります。

ここの深さによって、歯茎の状態を知ることができますので、1つの歯につき数か所にわけて溝の深さを測定していきます。

歯茎(歯周ポケット)の検査

PMTCとクリーニングの違いについて

自由診療のクリーニングになります。

自由診療のため、使う器具、材料に制約がないため一般のクリーニングでは落としきれない着色を落とせたり、特殊なコーティング剤を使用することが、出来ます。今流行のエアフローも自由診療の器具になります。

PMTCとクリーニングの違い

クリーニング(スケーリング)の流れ

スケーリングの種類

ライトスケーリンング

歯茎の上についている歯石を取り除きます。歯茎より上の歯石は唾液成分が由来となっているため、比較的簡単に取り除くことができます。

ディープスケーリンング

歯茎の下(歯周ポケットの中)についている歯石を取り除きます。歯茎より下の歯石は血液成分が由来となることが多く、簡単には取り除けません。痛みがある場合は局所麻酔をした上で、歯茎の下に器具を入れ、歯石を取り除いていきます。

TOP