反町ひろせ歯科クリニック

入れ歯

入れ歯

入れ歯とは

当医院では、患者様の年齢、病態、ライフスタイルなどを考慮して、患者様に最適な入れ歯(総入れ歯・部分入れ歯)をおすすめしております。

合わない入れ歯を長年使用していると、顎の土手に深い傷や潰瘍、褥瘡ができてしまうことがあります。
また、入れ歯のかみ合わせなどが合わず、長期使用していると悪習癖(あくしゅうへき)や顎の関節への影響の問題などもおこってきます。 噛み合わせの不良により、全身のバランスも崩れてきますので、腰痛、肩こり、頭痛等の原因にもなりますし、転倒のリスクも高まります。
お口の健康を守るためには、ただ型を取って入れ歯を製作するのではなく、患者様のお口の中や顎の動きにあったオーダーメイドの入れ歯が必要です。

入れ歯作りの流れ

新しい入れ歯ができるまでの間は、現在使用中の入れ歯を使用しなければならなりませんし、潰瘍、褥瘡が出来ていると綺麗な型が取れませんし、お痛みがあるとつらいので、使用している入れ歯の修理を行います、粘膜を綺麗に治療していきます。

入れ歯の使用には、
次のような注意が必要となります。

入れ歯のトラブルを防ぐために

・不用意に、入れ歯を唇、舌などでいじらないようにしましょう。
・やすりでけずったり、ペンチで曲げるなど、自分で調整しないようにしましょう。
・はずしたときは、水の中に入れましょう。乾燥するとゆがんで合わなくなります。
・硬いモノの上に落としたり、熱湯をかけたり、火に近づけないようにしましょう。割れたり、変形したりします。

次のような場合は、
当医院にご来院ください

入れ歯は人によって、形が違うモノですから、落ち着くまでに何回かの微妙な調整が必要な場合があります。 市販の入れ歯安定剤の助けを借りたりして無理に使わないでください。
・入れ歯があたって、歯ぐきに傷が付いているとき
・舌や頬の内側をよく咬むとき
・極端に発音がしにくいとき
・食べ物が非常に噛みにくいとき
・食事中や会話、また髭を剃る時など途中で入れ歯が落ちるとき
・糖尿病や大きな病気をした後、入れ歯が合わなくなったとき

入れ歯はお一人おひとりに合わせて作製するものです。私たちの顎の形は、常に少しずつ変化しているので、入れ歯もそれに合わせて調整しなければなりません。

緩んでがたついた入れ歯をはめていると、不便で見た目が悪いだけでなく、顎の骨を保護するうえでも良くありません。
めんどくさがらずにお気軽にいらしてください。

入れ歯の種類

入れ歯の種類

レジン義歯(保険の入れ歯)

保険適用で作ることができる入れ歯は、レジン義歯に限定されます。
当院では、保険で使える素材の中では、材質のいい熱可塑性樹脂という特殊なレジンでできた入れ歯を作っています。
歯ぐきや粘膜に当たる「床」の部分が歯科用プラスチック(レジン)で作られています。素材の性質から厚みが出るため、フィット感・使用感に慣れるまで時間がかかります。作成は1ヶ月程度と短期間で、壊れやすいけれども修理も簡単という特徴があります。

金属床義歯

厚みが出がちな床に金属を使用することで、薄く丈夫な入れ歯ができます。熱伝導性が高い金属ですので、食べ物の温度が伝わりやすいというメリットもあります。
自費の入れ歯になります。

スマイルデンチャー

半透明で歯ぐきに馴染みやすく、金属のバネを使わないので、入れ歯を入れてる感じがしずらいです。歯ぐきに触れる部分がやわらかいシリコン製で、吸着して使用するため、フィット感に優れています。見た目に自然で、周囲の歯に負担をかけないというメリットもあります。
自費の入れ歯になります。

マグネットデンチャー、
インプラントオーバーデンチャー

磁力やインプラントで入れ歯を保持する入れ歯です。しっかり固定されるため、入れ歯特有のズレたりもたついたりといった不快感がなくなります。
自費の入れ歯になります。

TOP